2017.06.02

危ない梅雨の時期!“天気痛”に注意予報『頭痛ーる』ユーザー実態調査で確認

株式会社ポッケ(東京都渋谷区、代表取締役社長:廣瀬周一)は、ヘルスケアアプリ「頭痛ーる」のユーザーを対象に行った「気圧変化と痛み」についてのアンケートの調査結果を発表いたします。

■気圧変化と痛み発生の関係

回答者の【97%】が痛みの発生に気圧の変化が影響していると回答し、気圧の変化によって痛みが発生している状況が確認できました。
また、回答者の【85%】が気圧の低下によって痛みが発生していると認識しており、低気圧発生時や、大気の状態が悪い状態に痛みが発生しやすいことも分かりました。

■気圧変化に伴う痛みの季節の関係

梅雨や台風など気圧が大きく低下する回数が多く、雨の日が多い季節に痛みの発生が多いことが分かりました。

■気圧変化と痛みの度合い

回答者の【86%】が気圧が大きく下がるほど、痛みがひどくなることを感じており、急激な気圧低下が痛みのひどさにも影響を与えていると考えられます。
また、回答者の【60%】は痛みがひどい時にはいつもより長く痛みが続くと感じていることが分かりました。

■痛みが発生してから、収まるまでの時間

痛みが発生してから痛みが収まるまでの時間は6時間未満の回答者が【35%】と最も多く、次いで6時間~12時間が【30%】となっています。
一方、12時間以上の長時間痛みが続いている回答者が【15%】もいることがわかりました。

【調査概要】
アンケート期間:2017年4月11日~4月21日
アンケート対象:頭痛ーるアプリ利用者
アンケート方法:ウェブに設置したアンケートによる回答(無記名回答)
回答者数:2,277人
調査実施者:株式会社ポッケ

◆頭痛ーるについて

『頭痛ーる』は、「気象病」や「天気痛」と呼ばれる気圧の変動が起こす頭痛などの痛みに注目した気象予報士考案の気圧予報・体調管理アプリです。2013 年4 月のリリース以降、100 万以上ダウンロードされ、気圧変化が体調に影響している方を中心に毎月30万人以上のユーザーに継続的に利用されています。アプリの利用頻度が高いユーザーが多く、短期間で一定のアンケート回答数が集められています。

◆今後の展開

今回実施したアンケート結果をユーザーと共有すると共に、アプリ運営にも反映したいと考えております。
また、34万人以上のユーザーの記録データを活用した頭痛予測精度の向上を引き続き進め、より利便性が高く、自分の記録データが把握できる機能を追加したアップデートを実施し、更に多くのユーザーに活用いただけるアプリとなるよう取り組んでまいります。
─────────────────────────────────

◆アプリ基本情報

・アプリ名 : 頭痛ーる:気圧予報で体調管理- 気象病・天気痛対策アプリ
・アプリ提供先 : App Store/Google Play
・カテゴリ : 天気
・利用料金 : 無料
・App Store URL : https://itunes.apple.com/jp/app/id602991338
・Google Play URL : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pocke.android.zutsu
・公式サイトURL : http://zutool.jp/
・Twitter : https://twitter.com/terunekootenki

◆会社概要

会社名:株式会社ポッケ
代表者:代表取締役社長 廣瀬 周一

所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-34-7 NEX 新宿ビル4F
設立 :2009年3月2日
URL :https://www.pocke.co.jp/

◆本件に関するお問い合わせ先

広報担当 E-mail pr@pocke.co.jp