2015.06.25

iPhone・Androidアプリ「頭痛-る:気圧予報で体調管理」をアップデート

株式会社ポッケ(東京都渋谷区、代表取締役社長:廣瀬周一)は2015年6月25日(木)に、iPhone・Androidアプリ「頭痛-る:気圧予報で体調管理」にプッシュ通知機能を追加したアップデート版の配信を開始いたしました。

無題

「頭痛-る:気圧予報で体調管理」は、気象予報士が考案した、「気象病」や「天気痛」と呼ばれる気圧の変動が起こす頭痛などの痛みに悩むユーザーに向けた気圧予報・体調管理アプリです。
2013年4月のリリース以降、頭痛持ちを中心に毎月10万人以上に利用されており、ユーザーは気圧の変化を事前にチェックして薬を飲む・予定を変更する・心構えをするといった対策を打つなど、日常的に利用される定番ヘルスケアアプリとなっています。

◆アプリの特徴

  • 予測する :気圧グラフとアイコンで頭痛を予測
  • 記録する :アイコンとテキストで頭痛の発生や薬の服用履歴を記録(※直近1ヶ月分)
  • 知らせる :気圧グラフをTwitter・Facebookでシェア
  • 学ぶ      :気圧や頭痛の基礎知識が学べる読み物コンテンツ

◆今回のアップデートの内容

  • ユーザーから要望の多かった、気圧の変動に関するプッシュ通知機能を追加
  • 頭痛への警戒が予想される前日夕方に地方別にプッシュ通知を配信

◆ユーザーの声

『役立ちます♪ 頭痛の前兆みたいな感じがする時、このアプリで気圧変化を確認します。注意した方が良い場合薬を飲んでおくなど早めの対処ができ酷くならずにすんでます。』

『具合の良くない時や、予定のある時に、対策を立てたり予防策を考える事が出来て、とても助かっています。こんなに気圧が影響しているなんて思いませんでした。』

『可愛いし実用的。 急激に低気圧が近づくとふらつき、めまい、眠気、情緒不安定になり困ってましたが、グラフで気圧の推移が見えると「あー、これじゃ仕方ないなぁ。」とわかって気が楽になります。キャラも可愛くて気に入っています。』

◆気象病研究の第一人者である名古屋大学・佐藤純教授のコメント

『気圧変化が頭痛の原因となっていることを理解・把握することは、認知療法としての効果が期待できます。
また、頭痛が始まる前に薬を飲む方がより痛みを抑える効果があるため、痛みが来るタイミングを予測することは非常に意味があります。
実際に私のところにくる天気痛外来の患者の方々にも「頭痛ーる」アプリの利用を勧めています。』

アプリ概要

アプリ名 頭痛-る:気圧予報で体調管理
アプリ提供先 App Store/Google Play
カテゴリ 天気
配信日 2015年6月25日(水)
利用料金 無料
Store URL https://itunes.apple.com/jp/app/id602991338?mt=8
GooglePlay URL https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pocke.android.zutsu
公式サイト URL http://zutool.jp/

本件に関するお問い合わせ先

広報担当 E-mail pr@pocke.co.jp