会社情報

代表メッセージ

廣瀬周一写真

“変化”を“成果”へ

元号が変わり、西暦も2020年代へと突入。IT業界だけでなく世の中の常識が目まぐるしく変化する時代に、ポッケは12期目を迎えました。

私たちの挑戦は続きます。
昨年度は全社員でのテレワーク・デイの実施やプラットフォームにとらわれない形でのコンテンツのリリース、最新のワークスタイルの導入を進め、今期は海外へのサービス展開や、育成ステージにある事業も伸ばしていきます。成長のための変化を恐れず常に攻めの姿勢を貫き、成果に繋げていきたいと思います。

「楽しく働いて世の中に笑顔を」。これはポッケが目指す働き方のテーマです。
ポッケのサービスは世の中に広く浸透し、長く愛していただけるようになってきました。
良いコンテンツを生み出すためには、みんなが楽しく本気で業務に取り組んでいくことが大切です。これからも改革を重ね「生き方と働き方を一致させる」「成功を分かち合える」「楽しく働くための努力を惜しまない」「社員ひとりひとりがブランドになる」の理念の元、次の10年・20年もさらに成長していける会社を目指して進んでいきます。

2020年03月02日
代表取締役社長 廣瀬 周一

プロフィール

1976年小田原生まれ。両親の仕事の都合で伊豆大島、横浜、所沢と移り住み、今も在住。大学時代に渋谷のベンチャー企業でアルバイトをし、当時のビットバレーを中心としたITバブルを身をもって体験する。卒業後は位置情報のベンチャー企業に入り、新規事業の企画営業を行う。ポータルサイトの地図サービス導入から、発売されたばかりのGPSケータイを使った車両の運行管理システム、119への緊急通報システムなどを手掛ける。28歳の時に思い立ち所沢市の市議会議員補欠選挙に立候補。

2004年、コールセンター大手「株式会社ベルシステム24」のコンテンツ部門に入社。妊娠・出産・育児サイト『ママニティ』を立ち上げ、このジャンルで日本トップクラスの有料サービスに成長。ママニティを中心としたライフ系事業・収益の柱であった占い事業のマネジメント、子会社であった気象会社の吸収合併、システム統合指揮を経て、コンテンツ事業部の責任者となる。2009年3月、株式会社ベルシステム24コンテンツ事業部は「株式会社ポッケ」として分社化、同代表取締役社長に就任。

現在は二女一男のパパ。趣味はキャンプ。夏は湖畔でカヤックやSUPで水遊びキャンプ、冬は薪ストーブで雪中キャンプなど、年間50泊以上を楽しむ。