#頭痛ーる LINEスタンプはこうしてできた!デザイナーに直接インタビューしてきたよ【低気圧だもの】

  • サービス
  • 2016.10.14
  • かいたひと:ゆかと

月間利用者21万人!Twitterのフォロワー2万9千人!日テレさんで紹介されてサーバーダウン!(※ごめんなさい)……と人気が広がっている気圧予報アプリ「頭痛ーる」のキャラクターたちが活躍するLINEスタンプが好評販売中です!

このスタンプは頭痛ーるのキャラクターたちの生みの親であるアンナカさんが手がけてくれました(・ω・)b(・ω・)b(・ω・)b
頭痛ーるのキャラクターたちについて制作者が直接語るのは史上初かも?です。レアインタビューですよ!

アンナカさんはいつも確かな仕事をこなしている上にすごーく優しい最強クリエイター!インタビュアーのおのえりさんと一緒に突撃してきました。(※アポありです)
それではどうぞ!


こんなスタンプたちなのです

おのえり「制作おつかれさまでしたー!そしてリリースおめでとうございます!」
アンナカ「はい、ありがとうございます。」

頭痛ーるズ

おのえり「私がこの中で1番気に入っているのは『どんとこい』。これ好きなんですよねぇ~」

アンナカ「おぉー!なんで?」
おのえり「博士(ヒロシ)は頑張り屋さんなんだろうな、って印象を持っているんですけれども、『どんとこい』という言い方が博士(ヒロシ)に似つかわしくないな、って感じていて、その違和感が良い意味で好きですね。そして単純に自分が『どんとこい』という言葉が好きなので。」
アンナカ「博士(ヒロシ)への意外性が『どんとこい』の中にあるのかぁ。」

おのえり「あ、あとこれも!怒っているてるてるネコ。」
アンナカ「ああ、静かに怒ってるやつ」

おのえり「このスタンプだけを連打すると、画面がおもしろい感じになるので(笑)」
アンナカ「なるほど」
連打

おのえり「ちなみにアンナカさん、制作者としてはどれが一番のお気に入りですか。」
アンナカ「そうだなぁ、1個だけ選ぶのは難しいなぁ」
おのえり「アンナカさんは博士(ヒロシ)に愛があるのかなっと思っていたんですけど」
アンナカ「ああ、うん。造形的に一番好きなのは博士(ヒロシ)だよね。」
おのえり「『造形』というのは、キャラクターの形ですか?」
アンナカ「うん。形。」
おのえり「へぇぇぇ!」
アンナカ「形を上手く作り上げられた、と思ってます。絵の情報量も丁度良いし。」
おのえり「フクロウって耳みたいな飾り羽は無いですよね?」
アンナカ「そう。本当はミミズクなんだよね」

アンナカ「決めた。私のイチオシは『めでタイ』かな。」

おのえり「これが一番好きなんですか!?」
アンナカ「博士(ヒロシ)の目がイイんだよ。『よろこんぶ』も好きなんだよなぁ。」

おのえり「『よろこんぶ』のほうが目がイイですね」
アンナカ「あまり見せたことのないニコニコの目をして満面の笑みを浮かべているし、巨大な鯛も登場している。いつもは小さい魚しか登場しないのに。」
おのえり「ちっちゃい魚ってこれですか?」

アンナカ「そうそう」

おのえり「両方ともめでたい系ですね。」
アンナカ「『めでタイ』は両手に扇子持ってるし。ダジャレだし(笑) 実は、『博士(ヒロシ)はダジャレ好き』っていう設定があるの。『めでタイ』とか『よろこんぶ』とか『ちょっとイーカな?』とか」

おのえり「ちょっとオッサンっぽいですね(笑)」
アンナカ「博士(ヒロシ)はベタなギャグが好きなの。今回はボツになったイラストの中に、海老を持って『エビデンスちょうだい』ってのもあったんだけど、伝わりにくすぎた!」

おのえり「超エビだ!!でもカタカナ語はちょっと分からないすね(笑)」
アンナカ「博士(ヒロシ)にはたくさんダジャレを言ってもらいたい。“低気圧ダジャレ”とかあればいいよね。“お天気ダジャレ”とか」
おのえり「確かに。笑いで痛みを吹っ飛ばすくらいの勢いがいいのかも。」
アンナカ「博士(ヒロシ)はそういう性格かもしれないね。タフだけど笑いも好き、みたいなところはあると思う。」

アンナカ「ちなみに『よろこんぶ』は昆布から汁がしたたっているところがコダワリなんだよ。昆布、煮てあるんだよ。ジューシー。」
おのえり「本当だ!爆笑!!!」

アンナカ「あとね、誰も気付かないと思うけどね、『よろこんぶ』の昆布には鮭が入ってるんだよ。だからちょっと豪華な昆布なの。」

おのえり「うわ、細かい!気付かない!」
アンナカ「絶対気付かれないよね。お正月には是非『めでタイ』と『よろこんぶ』をガンガン使ってほしいな。……地味だけど(笑)」

実際によく使われているスタンプはこれだ!

おのえり「ちなみに、どのスタンプがよく使われているか、って分かるんですか?」
アンナカ「分かるよ。ちょっと見てみようか」

(※以下、LINE Creators Marketのマイページを見ながら)

アンナカ「一番上にあるマロはダントツでよく使われているみたいだね。」


おのえり「イエーイ的な。」
アンナカ「一番上にあるからかな?いろいろな意味として使えるからかな?挨拶にも使えるし、『了解です』にも使えるし。」

おのえり「私が好きな『どんとこい』はいかがですか?」
アンナカ「『どんとこい』は……そんなでもない(笑)」
おのえり「がーん!」
アンナカ「私が好きな『めでタイ』は……これも超人気無い(笑)。『ちょっとイーカな?』がダントツで人気無いけど。……博士(ヒロシ)のダジャレ好き設定、無しにしようかな!」
おのえり「数字には逆らえない(笑)」

アンナカ「てるてるネコがブンブンしているのは人気あるね」

おのえり「私が好きで連打してしまう、てるてるネコが怒っているやつはどうですか?」
アンナカ「うん、普通だね。」
おのえり「私スタンプ作るセンス皆無かもしれない!」

人気があるスタンプたちの共通点

おのえり「『すごーい』とか『どうぞ』とかみたいな“マロが喋ってるもの”よりも、“マロがリアクションしてるもの”の方が使われやすいんですかね。」
アンナカ「なるほど。会話を受けてスタンプで返すのか。『ありがと』『ごめんね』がよく使われているのはそういう理由かな。スタンプでは相手に働きかけるようなアクションは向かないのかな。『めでタイ』は後者だもんね」
おのえり「頭痛ーるのスタンプを使うユーザーさんたちは、感情とか体験とかを大事にするタイプなんですかね。」
アンナカ「スタンプの中でもトレンドがたぶんあると思うんだよね。世代ごとのトレンドとか。」

スタンプの内容の企画ってどうやったの?

おのえり「私スタンプを自分で作ろうと思ったことがありまして。企画の段階で『使えるもの』『使えないもの』を決めるのが結構重要だなと思っているんです。頭痛ーるのスタンプは内容をどのように決めていったんですか?自分で良いと思って作ってみたものの、周りの人からは不評、みたいなこともあると思うんです。」
アンナカ「これはですね、社員のみんなに『LINEスタンプを作るんだけど興味がある人は集まってね』って声をかけて、聞いてみた。結構大勢集まってくれたんだよ。そしてさっき利用状況の数値を見て分かったように、人それぞれ使い方が違うんだよ。人によって『イラストに文字が入っていないと困る』『文字が無くて謎のスタンプが好き』『おはよう、ごめんなさい、のような必ず使う挨拶が欲しい』とバラバラ。だいぶ意見が割れたんだよね。」
おのえり「そうなんですか!意見が割れるなんて意外です」


有志の皆さんには「いらないと思うもの」を選んでもらいました

アンナカ「あとは、『送る目的じゃないけれど、絵がカワイイから持っておきたい』という人もいたよ。社内に頭痛ーるのキャラクターのファンが大勢いてくれてるのは有難いね。作ったこっちがびっくりするくらいにキャラクターに深い思い入れのある人が多くて嬉しかった。セリフを誰に喋らせるかで論争になったりもしたね」
おのえり「マロが『おはよう』って言っているものも、博士(ヒロシ)が『おはよう』って言っているものも、両方欲しい~!ってなりますよね!」
アンナカ「頭痛ーるのキャラクター全員が好きっていうよりも、“推し”がいるみたいで。しかもそのチョイスがバラけているのが面白い。まんべんなくキャラクター全員が受け入れられてるのは予想外だし有難いことですね。」

なんだこいつ……『頭が痛い』さんがいる理由

おのえり「頭痛ーるに『マロ』『博士(ヒロシ)』『てるてるネコ』、主に3匹のキャラクターがいるのは知っていたんですけど、なんかもう1人いませんか……『頭が痛い』っていう人が……」
アンナカ「いるね(笑)」

おのえり「この『頭が痛い』さんだけ様子がおかしくて、どうしても気になってしまうんです(笑)。なぜ『頭が痛い』さんが入っているのですか?」
アンナカ「下書きの時点でTwitterでユーザーさんたちに『どうですか?』って聞いてみたら、『頭痛アプリのスタンプなんだから“痛い”ってアピールのスタンプが欲しい』っていう要望があって。」
おのえり「ユーザーさんからのご意見だったんですね!」

アンナカ「頭痛ーるは“頭痛のアプリ”なのでね。こういう表現のものがどのくらい使ってもらえるかを見てみようかなってことで。」
おのえり「1個だけ入っているというのも異様で。」
アンナカ「おっかなびっくり1個入れてみました。もし人気があれば『痛みを表現する専用のスタンプ』を作るのもアリなのかなぁと思ってはいるんだよね。『首筋が痛い』『こめかみが痛い』『ドクドク痛い』『朝起きてすぐに痛い』とか。アニメーションスタンプにしたらより辛さが伝わりそうだし。」
おのえり「痛いのは怖いけれど気になる!」

スタンプとアプリのこんな関係

おのえり「これだけの力作だと、制作には時間が沢山かかったのかなという印象があります。」
アンナカ「単純に私が忙しくて制作の時間を確保できなかったんだよ。今年の5月に頭痛ーるアプリの新バージョンがリリースされたんだけど、スタンプはその前から作り始めていたんだよね。半分くらい描いたところでアプリの開発が本格化したので、そっちのデザインを優先していた、というところです。」
おのえり「なるほど。おかげさまで新バージョンへのアップデートではだいぶ機能が増えましたからね!おつかれさまでした。」
アンナカ「だからスタンプ用に描いていたイラストをアプリに入れることもできたんだよ。」
おのえり「ローディング画面で揺れているてるてるネコとか?」

アンナカ「そうそう」
おのえり「あれ凄く好きです!そうだったんだー!」

おのえり「あっ、『頭が痛い』さんって、アプリの痛み記録機能のマークですか?」
アンナカ「そうだよ!」
おのえり「この人だけ大出世してるんですね(笑)!」

今後の野望

おのえり「頭痛ーるスタンプ、“第2弾”については考えていらっしゃるんですか?」
アンナカ「やりたいですねぇ、すごく。」
おのえり「ダジャレは無しで?(笑)」
アンナカ「ダジャレは無くす方向で(笑)。あ、でもちょっと寂しいので細々とやり続けようかなー。」

おのえり「じゃあ最後に、頭痛ーるスタンプについて一言ください!」
アンナカ「もっと売れろ~!」
おのえり「ド直球(笑)」
アンナカ「頭痛ーるのキャラクターもスタンプもまだまだ生まれたばかりなので、これからどう育っていくかは全てユーザーの皆さんの応援次第です。是非、応援してください。」
おのえり「清き一票!ってことですね」
アンナカ「そう。清き一票!」
おのえり「いや~~深いですねぇ。以上です。ありがとうございました!」


はい。ここまで読んだら頭痛ーるスタンプ欲しくなりましたよね??
↓ご購入はこちらから!たくさん使ってあげてくださいね。


弊社サービスを作った社員へのインタビューは他にも実施しています!

弊社の人たちのお仕事の様子が伝わったらいいな、と思っています。
私たちと一緒に働きたいと思ってくださった方からの採用応募もお待ちしていまーす(・ω・)/(・ω・)/(・ω・)/


 【頭痛ーる】
 ▼ダウンロードはこちらから▼

株式会社ポッケ

株式会社ポッケ採用情報

ポッケでは、楽しく働いて世の中を笑顔に出来る仲間を募集しています。興味のある方はこちらをご覧ください。

最新記事

ブログ記事を検索