2泊3日の台北旅行記✈(後編)恋♡を叶えるなら龍山寺(ロンシャンスー)♡

  • プライベート
  • 2017.4.21
  • NEW!
  • かいたひと:おのえり

写真は饒河街夜市の入り口、パノラマverだよ。どうも、おのえりです。
台湾旅行記(前編)からだいぶ時間が空いてしまいましたね!申し訳ござらぬ!

さて、前編では火鍋に小籠包に胡椒餅・・・・と、とにかく、食べ歩きの紹介に力を入れましたがいかがでしたか。
美味しそうでしたよね。はい。

後編では台湾といえば「占い」「お寺」ってーことで、
占い&パワースポットのお話(`・ω・´)ゞ
後編とか言ってるけど、パート3くらいまで書けそう。。

よし、後編いってみよー!

女子の「すき」がいっぱいの街!

ホテルから近いという理由で行きたかった龍山寺(ロンシャンスー)。
付近を散策していたら、地下道に『占い横丁』なるものを発見し、楽しそうなので足を運んでみることに。

女子はすきよね、占い!

占い横丁

中に入ってみると、廃れた地下商店街のようになってます。
そこにさまざまな占いブースが並んでいる感じを想像してもらえれば◎

ちょっと覗いてみるだけで、占いをしてもらう予定はなかったんですが。。
「平日で人がいないから(?)安くするよ、やろうよやっていこうよ」という人が居たので、まんまとやってもらうことに。
(だって普段の半額以下だったらやるしかなくね!?)

決め手はもちろん、お値段。
あとは何が嬉しいって、アシスタントのような若い女性の通訳付き!
中国語は全くもって話せないし、これはありがたいサービス。

ここ占い横丁には占い師もたくさんいますが、占いの種類もたくさんあります。
「占い」を目的に行くんだったら、是非平日のお昼くらい、人が居ない時間を狙って行きましょう(笑)
交渉すれば安くしてくれるのではないだろうか。

小鳥占い 大吉&福ちゃん

私は日本ではもの珍しい、小鳥占いとやらをお願いしてみました。
文鳥キュートすぎ。

ちなみに小鳥の名前は大吉と福ちゃん。そのまんまwwww縁起いいけどさww

小鳥占いでは、この手前にあるオレンジと赤の紙を、なんと大吉または福ちゃんが選んでくれるそうで。
ほんとか?鳥が選ぶってどゆこと?と思っていたのですが、これがマジ天才!くちばしで器用にヒッピーッて取ってくれるんですねえ。
(しかし小鳥はおやつをもらわないと動かないようです。かしこいなw)

大吉または福ちゃん(どっちか忘れた)が私のために選んでくれた3枚はこのカード。
占ってもらった内容は、
・恋愛
・仕事
・健康
の3つで、健康運以外はすごい順調だったようですw
(※2016年1月時点です)

プレゼントに赤い紐+赤い封筒

ここで龍山寺と占い横丁の関係が明らかに。
通訳のお姉さんいわく、龍山寺って台北市内で最も古い寺で、縁結びのお願いをする人が多いんですって。

へぇ~そうなんだ、この後行くから楽しみだな~なんて聞いていたら、
占いが終わった後に赤い紐+赤い封筒+ピンクの紙のセットをプレゼントしてくれました。

「何これ?これどうするの( ˘ω˘)?」って顔をしていたら、
嘘でしょ!ほんとに知らないの!?!?こんなに有名なのに!?ホントに!?!?」とお姉さん大絶叫。笑笑
(この赤い紐がないと縁結び出来ないんだとかなんとか・・・覚えていない・・・)

なんならこの紐が目当てで占い横丁に来る人もいるくらい、だそうです。
ちなみに、縁結びとはお付き合いのご縁を結ぶだけではなく、結婚の縁や他にもたくさんあるんだとか。ふうん( ˘ω˘)(?)
ま、それくらい、龍山寺の縁結びは有名ってことで!

余談ですが占ってくれたおばちゃんは小鳥占いで有名(?)で日本でもテレビに出たことあるらしく。
多いと1日に50人も占うって言ってました。ウソだろ。多すぎ!!大変かよ。

さて、お次は念願の龍山寺へ。
・・・しかし、この紐はどうすれば??

願いを叶える♡超絶パワースポット『龍山寺』

やっときました龍山寺ー!

「寺の名前がかっこいいから行ってみよう」という理由でここまできましたが、
ここ龍山寺は・・・
占いで有名な場所であり、最強のパワースポットであり、恋愛&ご縁の神様であり、台北市内で最も歴史のある寺であり、ご利益のすごさでも有名・・・・

と、
なんかわからないけど他にもいろいろとすっごい神様がいっぱい居るらしいんで、是非行ってみてください_(:3」∠)_
気になる神の一人くらいいるでしょう。
(※商売の神はもっと有名なところがあってみんなそこに行くみたいです)

神への参拝ルール

せっかくなので、占い横丁でもらった赤い紐を使ってお参りしてみることにしました!
で、ここからお困りモードw

私はただお寺の中をぐるっと見ててきとーに参拝するくらいの軽い気持ちでいたんですが、
ここ龍山寺には、神への参拝ルールがあるんです。

が、これまた大変めんどうでして・・・(ばちあたりか)。
中国語はわからないですし、とりあえず、周りの人の見よう見まねでやってみました。
(後から知ったけど日本語の説明あったらしい。なんだよ笑)

①左足から(敷居は踏まない)龍門へ
②お線香に火をつける(買ってね)
③お参りする神がいっぱいいる(回る順番あるらしい)
④お線香を頭上にもっていき3回礼をする
⑤心の中で自分の名前、住所、生年月日を言ってからお願い事をする →相手がいる場合には相手の分もね!
⑥おわりは虎門

私が覚えているのはコレくらいでしょうか・・・
⑤については、本来は日本でも同じようにするのがベストって聞いたことありますよ!

片思いの人は相手の住所とか知ってたら気持ち悪いかもしれないけど(笑)でも言わないと、どこの誰と誰の話なのか、神はわからなくなっちゃうそうです。

うーん。
神、忙しいね。

運命の赤い糸

ここでやっと赤い糸の出番w
赤い糸は、「運命の赤い糸」なんだって。普通に考えればそうだよね。笑

赤い糸をどうやって使うか、ご説明しましょう!
私は占い横丁でもらったけど、他の人は木片を投げるやつでOKだったら寺からもらえるみたいですよん。

このおっさんがいる香炉の上で、赤い糸を時計回りに3回ぐるぐるします。
おそらく煙を浴びさせてるんでしょうね。おそらくね。
赤い糸を袋からだすか、ださないかについては、なんか調べてくださいね。私は直のがよさそうと勝手に思ってそうしています。

参拝が終わった後の赤い糸は、持ち歩いたり身につけるとよいそうです。
赤い糸が運命の彼を引き連れてくるとか言いたいんだろう。おそらく。

私の場合は赤い封筒をもらっていたので、それに入れて枕の下に置いておくこと(らしいよw)とおばちゃんに言われていました。

縁結びの神「月下老人(月老神君)」

恋愛の願いで有名な龍山寺には、「縁結びの神・月下老人(月老神君)」と呼ばれる神がいるそうです。
ちなみに、赤い糸で縁を結ぶっていうのはこの月下老人からなんですって。(へー)

これまたおばちゃんとお姉さんに、
「月下老人(月老神君)は、奥にいるから、そこでお願い事してきなさい」
と言われていたので、そこは逆らわず言われるがまま行ってまいりました。

地図がないので想像をしてもらいたいのですが、寺全体の左側の奥だった気がしています。
記憶違いだったら・・・だれか行って確認してきてくださいw

お参りするときにはちゃんとまた⑤番やってくださいね!

まとめ

女子旅をするには良さそうな場所「龍山寺」いかがでしょうか・ω・
行きたい!って人は、ここに行くだけで平気で午前中つぶれますから気をつけて。笑笑

あと、龍山寺はホームレスの方もたくさんいるので、匂いが気になる人はマスクを持っていくとよいです。
このあたりは屋台のご飯もとても美味しいので、お弁当買ってどこかで食べてもいいかもですね!

パート3は、気力があれば、書きたいと思います(`・ω・´)ゞ
ネタとしては、両替はここがオススメ、饒河街と信義の余市、台北駅についてになると思います。

おまけのおまけ

さて、誰得でもないこのブログ(笑)
前編でも書きましたが、2泊3日にしてはとっても楽しめる台湾は、空港まで行ければ「ちょっとお出かけしたいな」の距離に入ると思われます。つまり、何を言いたいのかというと、弊社は有給がとりやすく有給をつかっていくらでも遊びに行ける環境が整っているということ。

実際に有給をつかってここまで楽しんでいる社員が働く会社としてのアピールでした(!)。
もうすぐはじまるGWでも、きっと海外に行く方がたくさんいることでしょう。

これから台北に行かれるという方が台北旅行をマックス楽しめますように!(^^)/

株式会社ポッケ

株式会社ポッケ採用情報

ポッケでは、楽しく働いて世の中を笑顔に出来る仲間を募集しています。興味のある方はこちらをご覧ください。

最新記事

ブログ記事を検索