カフェゆうこ Vol.4「プライベートの充実が仕事に役立つ快感」Webエンジニア せきさん

  • 社内のこと
  • 2014.5.23
  • かいたひと:ゆうこ

こんにちは。人事担当のゆうこです。

ゴールデンウィークが過ぎ去り、ポッケもすっかり平常営業モードに戻りました。過ぎてしまうとあっという間ですねー。

ポッケのGWはカレンダー通りなのですが「業務調整できる人は積極的に有休取得しましょう」としているので、GW中の営業日は人口密度が少なめ。私も有休をいただいて旅行に行ってきました。
休暇明けの休憩室はいつも旅行のお土産でにぎわうんですが、このブログを書いている今、休憩室ではバリ土産のドリアンビスケットが異臭を放っています…(笑)

さてさて、今回はカフェゆうこの第4回目として、Webエンジニアのせきさんにインタビューしてきました!ご覧くださいませ~。

社員インタビュー Vol.4 Webエンジニア せきさん

001_TOPサムネイル用(640×507)
-せきさんって、ポッケに入社してからどれくらい経った?

2011年の1月からポッケにいるので、もうすぐ3年半くらいですね。

-そっか。もう3年半になるんだね。確か、始めは派遣社員だったんだよね。

そうですね。紹介予定派遣でポッケに来て、その後に正社員になったんですよ。

-そうだったよね。派遣社員の期間を経て、なぜポッケで正社員になろうと思ってくれたのかすごく興味があるんだけど、その前に、まずはなんでWebエンジニアになろうと思ったのかを聞いてもいい?

はい。
僕は新卒で就職した会社ではSEだったんですけど、SEの仕事って幅広くていろんな知識が必要になるんですよね。それはそれで面白かったんですが、仕事をしていくうちに「自分でプログラムを組みたい」と思うようになったんです。

お客さまに説明するためにシステムの仕様を理解しておく必要があって、その為にプログラマーさんと話をするわけなんですけど、話を聞いていくうちに「自分でプログラムを組んで作ったサービスを世の中に出したい」って思うようになったんです。それがきっかけで、法人向けのWebサービスを開発・提供している会社に転職をして、プログラムを組ませてもらうようになりました。

Webサービスは、企画と技術があれば、大きなお金をかけなくても自分で作ったサービスを世の中に出せるところが魅力的だと思うんです。

学生時代に塾講師のアルバイトをしていたんですけど、そのころからずっと教育にも興味があるんです。Webを使ってもっと便利な教育のITサービスを作りたいという思いがあって、それでWebエンジニアの仕事を選んだというのもありますね。いずれは教育に関するWebサービスに関わりたいと思っているんです。

-そっか。そういう背景があってWebエンジニアになったんだね。今話してもらった、法人向けWebサービスの会社って言うのが、ポッケに来る前に勤めていたところ?

そうです。
その会社では派遣社員として働かせてもらっていて、正社員登用の話をいただいたりもしたんですが、悩んだ末に退職をして、その後にポッケに転職しました。

IMG_4086

-どういう思いがあってポッケに来てくれたのかな?

前職は法人向けのWebサービスだったので、今度はコンシューマ向けのWebサービスを作ってみたくて、それが可能な会社を探していました。もともと前職へ転職するときも、いずれはコンシューマ向けのWebサービスを作りたいと思っていたんです。

ポッケは妊娠・出産・育児やダイエットといったライフスタイル系のコンテンツがあること、それと会社の規模的にエンジニアとしての業務が細分化されずに、Webやスマホに関するすべての業務に自分が関われるというのが大きなポイントでした。大きな会社だと業務が細分化されてしまう傾向があると思うんですけど、ポッケはそんなに大きすぎず、このくらいの小ささがちょうどいいと思ったんですよね。

-せきさんが入社した当時のポッケは社員数70人くらいだったね。今でも社員数は85人くらい。会社の規模的には大きすぎず、担当する業務内容に縛られずに自分の可能性を広げたい人には、ポッケは本当にピッタリだと思う。

そうですよね。
派遣社員の期間に実際に働いてみて、エンジニアでも企画のタイミングから関われたし、色々な場面で意見を言うことができました。それに、そういった姿勢を会社として歓迎してくれているという空気を感じたので、ポッケで正社員になろうって思いました。

あと、実はそのタイミングで貯金が尽きかけていたので、経済的にも正社員になるタイミングだと判断したっていうのもあります(笑)

IMG_4115

-せきさんは、今はどんな仕事を担当しているの?

今は主にスマートフォンアプリの開発をしています。アプリによってはサーバサイドの開発も必要なので、必要に応じてサーバサイドの開発もしています。

-せきさんはポッケがスマートフォンアプリに参入した当初から、アプリの開発を担当してくれているよね。最初は手探りで大変な部分もあったんじゃない?

それはもちろん、ありましたね。でも、新しいことができるのは刺激的で楽しいですよ。

-仕事、楽しい?

楽しいですね!

-笑顔で仕事が楽しいって言えるの、すごくいいね!どういうところが楽しいって思えるポイントなのかな?

そうですねー…
いくつかあると思うんですけど、大きなポイントは自分に裁量があって任せてもらえてるっていうことと、新しいことにチャレンジ出来ていることですかね。

IMG_4133

-せきさんは普段仕事を進める時に、意識していることってある?ポッケの行動指針<POCKE>で特に意識しているものがあったら教えて欲しいな。

最近はPの「Private 自分の時間を確保しろ」を意識することが多いですかね。プライベートの時間を確保するために、業務を効率的に進めることを意識してますね。
タスクを出来るだけ細分化して、1タスクを1~2時間くらいで終わるように設定するんです。そうするとタスクが完了する度に、こまめに達成感を味わえるのがいいんですよ。メリハリがついてひとつひとつの業務が新鮮に感じます。タイムアタック的な感じでゲームみたいに楽しめたりもしますよ。

-仕事をゲームみたいに楽しむ!それわかる気がする。クリアした時の達成感とか、いいタイム出せた時とか、気持ちいいよね~。

ですよね!

-さっき「”最近は”Pのプライベートを意識することが多い」って言ってたけど、前は違ったの?

あ。そういわれればそうですね。1番に意識していることは、時期によって変化してきていますね。

スマホアプリの開発を担当するようになったころは、Oの「Oneself 自分の脳みそで考えろ」を特に意識してました。まだスマホアプリの開発について、社内にも世間にもノウハウが少ない頃で、とにかく自分で切り拓いていかなくちゃいけなくて、脳みそはたくさん使いましたね。ノウハウがないから自分で考えなくちゃいけないって言うのもあったんですけど、自分に力をつけるためにも「ここはどうなっているんだろう?」というポイントを自分で調べて、考えて、判断するというのを意識していました。

でも、自分で考えることを意識しすぎて、よくなかったかなということもあったんです。考えて考えて、考えすぎて、行動に移すまでに時間がかかってしまったことがあって。それって開発が遅れて時間のロスになってしまうし、そして何より「やってみなきゃわからない」ってこともたくさんあるんですよね。考えすぎて行動できなくなってしまうよりも、とりあえずやってみてダメだったらまた考えようと思って、気持ちを切り替えました。その時期からはEの「Engine すぐやる人になれ」を意識するようになりました。

-なるほど。「自分で考えること」を意識することから、「とりあえずやってみること」を意識するようになって、そして今は「時間管理」を意識しているのね。

Attachment_4

-じゃあ、今度はプライベートのことを聞かせてもらってもいいかな?休日は何をしてすごしているの?

休日は個人的にアプリの開発をしたり、デートしたり、買い物をしたりしています。最近は、公園や庭園を散歩するのが好きですね。
飲みに行くのも好きです。飲み屋で人の話を聞いたりするのも刺激になっていいですね。
それから、パンを焼いたり、料理をしたりもします。
あとは、ヨガに1年半くらい通ってます。

-わ。いっぱい出てきた!なんか充実してそうだね!一番はじめにアプリの開発って言ってたけど、仕事以外でも個人でアプリを作ってるんだね。

はい、作ってますね。iPhone、Android、それとWindowsPhoneのアプリを全部あわせて13、作りました。

-せきさんて、本当にアプリを作るのが好きなんだね。

そうですかねー(笑)
でも、プライベートでアプリを作っていると、仕事で役立つことが多くて楽しいんですよ。仕事でアプリを作っていて新しい機能を追加したいときに、プライベートでアプリを作った時の技術が応用できたりするんですよね。「あ!あの時のあれを使えばできるな!」っていう発見をして、仕事で役に立った時は快感ですよね。

-せきさんは仕事とプライベートをうまくリンクさせていて、どちらも充実させて、さらに相乗効果もだしてるよね。

マフィン(せきさんの手作りマフィン)

-これから先のことも聞かせて欲しいな。この先、やってみたい仕事や目標はあったりする?

サービスに関して言うと、以前から興味のある中高生向けの教育系コンテンツをやってみたいです。
エンジニアとして考えると、とりあえずWebやスマホのサービスを作ることができるようになってきたので、今後はデザインも出来るようになることが長期的な目標です。

-そういえば、色彩検定を受けてたよね。

受けましたね。
本格的なデザインをしたいというわけではなくて、自分でアプリなどのサービスを作った時により良いUIにしたくて、何か役立てばいいなと思って勉強しました。
会社の資格取得支援制度で認められている資格だったので、合格した時は朝礼で表彰してもらえてお祝金ももらったんですよね。

-最後に、目標とする働く人物像があったら教えて欲しいな。

いわゆるフルスタックエンジニアと言われる、幅広い業務ができるWeb系のエンジニアになりたいです。
それと、いつでも慌てず焦らず、心にゆとりを持って、ポッケの皆にとってゆとりのある同僚でいたいと思います。

-せきさん、ありがとうございました!

仕事もプライベートも充実させて、楽しんでいる様子が印象的なせきさん。私から見たら、すでにゆとりのあるいい同僚ですが、その姿勢からはとてもいい刺激をもらいました。

社員へのインタビューは、普段は聞けない仕事に対する想いや目標なんかも聞けて、すごく楽しくて刺激的です。また次回も気になる社員にインタビューをするのが楽しみです!

株式会社ポッケ

株式会社ポッケ採用情報

ポッケでは、楽しく働いて世の中を笑顔に出来る仲間を募集しています。興味のある方はこちらをご覧ください。

最新記事

ブログ記事を検索