「ポッケ」という社名の由来は2つある!ロゴに仕込まれた○○を解説・ボツ案も紹介

ポッケの社長の廣瀬です。今回は、うちの会社が何故「ポッケ」という社名になったのかを紹介したいと思います。

ポッケはベルシステム24のコンテンツ事業部がスピンアウトしてできた会社なのですが、社名は当時その事業部から転籍してきたメンバーが出した案の中から決めました。

ポッケの社名の由来はふたつあります。

一つは、まど・みちおさんの童謡「不思議なポケット」の歌詞にある「ポケットをたたくとビスケットがひとつ、ポケットをたたくとビスケットはふたつ」という、たたくたびにビスケットが増えていくところからきています。コンテンツやサービスをどんどん生み出すイメージです。

なので、ポッケのロゴにはビスケットが入っているんですね!

もう一つは、ドラえもんの四次元ポケットです。便利な道具がたくさん出てくるイメージで、いろんなスキルを持った人材をたくさん作り出す会社でありたい、というものです。
実はポッケを卒業して有名企業で出世している人はたくさんいます。ポッケの経営理念にもあるように「社員ひとりひとりがブランドになる」を体現していますね。

他に挙がったアイディアには「社長の娘の名前のイニシャルをとって“M&M”」とかいうものもあったのですが、「ポッケ」にしておいてよかったです。

ちなみに、会社立ち上げ直後は電話がかかってきて「はい株式会社ポッケです」というのがめちゃくちゃ言いにくかったのを覚えています。領収書をもらう時も、「株式会社ポッケです」というとかなりの確率で聞き返されていました。最近は、みんな慣れてきたのかそんなこともなくなってきましたね〜。

株式会社ポッケ

株式会社ポッケ採用情報

ポッケでは、楽しく働いて世の中を笑顔に出来る仲間を募集しています。興味のある方はこちらをご覧ください。

最新記事

ブログ記事を検索