平成最後の年末大掃除に「ドイツテレビ」の取材がきたので逆取材してみた!

こんにちは。しおりママです。

2018年も終わりに近づき、平成最後のクリスマス!年末!などと賑わっていますね。
ポッケでも、平成最後の大掃除をしました。

実はそんな大掃除の様子を、なんとARDドイツテレビ(ドイツ国営第一放送)がその様子を取材にきてくれました。

今回はその様子を紹介します!

目次

ドイツTVはなんで大掃除なんて取材するの?

実は、企業や学校のお掃除を行う国ってとても珍しいって知っていましたか?
日本では教室や廊下など生徒たち自ら掃除をしますが、先進諸国の学校で生徒たちが掃除をする習慣はありません。それは企業も同様です。

日本の企業でも、社内清掃に業者が入っているところは多くあると思いますし、弊社も清掃業者は入っていますが、年末には一年の感謝を込めて大掃除をします。
そういった日本の文化をドイツで放送したいと取材に来てくれました!
大掃除&取材スタート!
社長の号令と共に大掃除がはじまりました!

大掃除&取材スタート!

社長の号令と共に大掃除がはじまりました!

普段は掃除しない細かいところも掃除していきますよ!

高くて届かない場所は背の高い男性社員におまかせ!

空気清浄機もピッカピカ。キレイな空気で新年を迎えられます!♪

こんな様子も撮影されています。

最後に社長のインタビュー取材を受けました。

ドイツ人カメラマンと音声さんに逆取材「7つの質問」

撮影も終わり、取材に来ていただいたドイツ人のカメラマンと音声さんに色々と質問してみました!

お二人はご兄弟です!左:音声さん(弟さん)、右:カメラマン(お兄さん)

①ドイツのパンと日本のパン、どちらが好きですか?

音声さん(弟):ドイツのパンでも日本のパンでもなく、アメリカのパンが好き。笑

②クリスマス休暇がとても長いようですが、新年のお休みはとても短いんですか?

音声さん(弟):新年は1月1日だけお休みです。
≫ヨーロッパ圏はどの国も同じなんですか?
音声さん(弟):そうだと思います。キリスト教圏はそうだと思います。

③日本に来て一番楽しいことはありますか?

カメラマン(お兄さん):最近、とても良い自転車を買ったので、色々なところに行けてとても楽しいです。
あと、スキーが大好きで毎年長野県に行っています。

音声さん(弟):4年いるけれどもあきない、毎回取材から日本に戻ってきてとても安心する。
台湾、北朝鮮、フィリピンがカバーエリアなのですが、取材から日本に戻ってくるとほっとします。

④日本は住みやすいですか?

カメラマン(お兄さん):生活レベルが高いので、住みやすい。

⑤日本とドイツでニュースの内容が違うことはありますか?

音声さん(弟):同じ撮影でも、メディアに与えられている自由度がドイツは高いです。
みんながそろって撮影しなくてはいけない式典のような場所でも自由に動けるのですが、日本は取材できる会社の数が決まっていたり、どこかの記者クラブに入っていないと情報がもらえなかったり、ドイツに比べると規制が多いですね。また日本は取材するのに申請が多いですね。

⑥日本での企業は申請や承認に時間がかかるところが多いと思いますが、ドイツではどうですか?

音声さん(弟):もちろん申請が必要なものもありますが、基本的には申請が必要ないことが多いです。また、日本では決定権がある人物が取り次いでくれても、一旦上層部に確認をとることが多いと思うのですが、ドイツでは対応した人に裁量権があるのでその場で決定してくれますので早いです。

⑦日本人とドイツの人は時間などにきっちりしている印象がありますが、実際はどうですか?

音声さん(弟):確かに日独似ていいるかなと思うことがあります。一回約束したことをちゃんと守られて実行してくれる。安心して撮影にいける。
あと、電車などよっぽどの事が無い限り時間が守られていますよね。
仕事についてもダラダラしていることはなく、比較的時間までに終わらせるところは似ていると思います。

ありがとうございました

最後に取材に来てくれたドイツTVの方達と、弊社社長と記念撮影しました! 

株式会社ポッケ

株式会社ポッケ採用情報

ポッケでは、楽しく働いて世の中を笑顔に出来る仲間を募集しています。興味のある方はこちらをご覧ください。

最新記事

ブログ記事を検索